バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (24) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (24)バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (24)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2006-10-23
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



伝七郎 2006-12-28
 高みに届かない者の悲哀を強く感じた一冊でした。



 天賦の才,努力,運,場所,出会い,経験,血筋,時代。吉岡伝七郎にはいったい何が足りないのでしょうか。物語においては,いろいろなキャラクターが出てきますが,たいていは,努力を怠るもしくは努力をする才能がないために,這い上がれない者が描かれます。本位田又八はその類でしょう。



 しかし,吉岡伝七郎は非常に努力を重ねています。才や経験,出会い等にもそれなりに恵まれています。しかし,その力が,絶対的に武蔵や兄清十郎に届きません。



 今までの話でも力の差が何度も描かれ,悲哀を感じていましたが,今回,24巻最終話の「コウキル」でその隔絶とした差を絶望的に,心に刻み込まれました。伝七郎という存在から何を読み取り,感じればいいのでしょうか?>井上雄彦さん


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リアル 井上雄彦(いのうえたけひこ)の作品紹介!スラムダンク-バガボンド-ピアスTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。