SLAM DUNK DVD-BOX 宮城リョータ (背番号「7」) 仕様 |井上雄彦

SLAM DUNK DVD-BOX 宮城リョータ (背番号「7」) 仕様SLAM DUNK DVD-BOX 宮城リョータ (背番号「7」) 仕様
出演:
東映
発売日 2003-07-21
価格:¥92,400(税込)
オススメ度:★★★★


?「週刊少年ジャンプ」に連載され、全国のバスケット部入部希望者の数を飛躍的に増大させた、井上雄彦による同名マンガを原作としたTVアニメーション。
???頭は悪く一見恐ろしいが、実は気のいい高校一年生・桜木花道。入学後すぐに一目惚れした女の子・ハルコさんがバスケットボール部をすすめたために、全くルールも知らないにもかかわらず入部。しかし素人ながらもその才能を引き出し、みるみるうちに上達していく姿を、実に軽快に描いていく。
???適度なユーモアを全編にまぶし、キャプテンの赤木やライバルの流川ら実力派メンバーを配置しつつ、しかし決して連戦連勝ではないリアルなバスケットのゲームを展開させ、従来のスポ根とは根本的に異なる爽やかなドラマが魅力的。(田中 元)

花道や三井ほど派手は人気はないけどさ・・ 2003-05-26
宮城リョータってみたいなキャラって、おそらくそこに
居るだけでまわりをほっと和ませ、リラックスされる
お調子者だけど「大切」なキャラなんだよね。
背も小柄で、顔だちもお世辞にも美形ではないけど、
こういうタイプが1番、夫にするには最適だと思う。
ちなみにアニメの声優において、リョータ役は塩谷翼。
「海のトリトン」のトリトンでは、変声期前のボーイ
ソプラノで活躍した、少年子役声優なんです。
「ガッチャマン」のジンペイの頃に変声期を迎え、
「イデオン」「たるるーとくん」とかでは昔と全然違う
ハスキーな低音になって一抹の寂しさもありますが、
今でも独特の印象深い声をした、味のある声優さんです。
ちんぴら系、ガキ大将系の役が定着してしまってますが、
!「強がってる寂びしんぼう」も何気に似合うんだよね・・


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/22に作成しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リアル 井上雄彦(いのうえたけひこ)の作品紹介!スラムダンク-バガボンド-ピアスTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。