「武」 |甲野 善紀 /井上 雄彦

「武」「武」
甲野 善紀 /井上 雄彦
宝島社 刊
発売日 2004-04-27
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★★



死に方の美学 2004-08-12
この本は対談集だが、大きく3つのことが書かれている。
武を極めることによって得られる悟り、哲学について、そして、
近代スポーツの科学的トレーニングに対する批判、
最後が、武士道についてだ。
武士道については、お互いを殺しあう運命を美学に昇華して受け入れ、
自分の美意識に殉ずる人が武士であるという。
そして死に方にも徹底してこだわる。
どう生きるかを考える人は多いが、どう死ぬべきかを考える人は
今の日本にほとんどいないのではないだろうか。
これを読む若い人へのメッセージとしては、
自分の価値観を持ち、自分が大事に思うことを守るために怒れるような
緊張感を持つべきだと述べている。
しかし何が大事で正しいことなのかについては、それは各々が
探っていくべきだという。
その点については、今のようなマニュアル世代にはひょっとしたら
物足りないと感じるかもしれない。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/20に作成しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リアル 井上雄彦(いのうえたけひこ)の作品紹介!スラムダンク-バガボンド-ピアスTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。