バガボンド 25 (25) |井上 雄彦 /吉川 英治

バガボンド 25 (25)バガボンド 25 (25)
井上 雄彦 /吉川 英治
講談社 刊
発売日 2007-03-23



展開忘れちゃった・・・ 2007-03-23
今週、ようやく「バガボンド」が連載再開です。一乗寺の決戦、楽しみなんですけど、ここまでの話の展開をすっかり忘れてしまいました。
今回は伝七郎があっさり斬られるんですけど、伝七郎のあまりの弱さっぷりと、又八のダメ人間ぶりくらいしか印象ないですねぇ・・・。「チャンバラ」という視点から視ると、宍戸梅軒(辻風黄平)とか吉岡清十郎との闘いの方が面白かったですね。この巻はいわばそこに当たる巻かなぁ・・・。次の一乗寺の決戦が面白そうなんで、それに期待します。

バガボンド 25 (25) |井上 雄彦 /吉川 英治

バカボンドストーリー動画

井上たけひこ バカボンド


宮本武蔵の生涯を描く漫画と知り、購入を始めて早5年。毎巻欠かさず購入しています。

文章が多すぎず、しかし少な過ぎず。多くは語らない、絵をみて感じ取ることが必要な漫画です。

また、武蔵にかかわる登場人物の名言は、現在生きている僕の教訓ともなっている。これほど考え、勉強になる漫画がどこにあるかのか…。すばらしい漫画だと思います。

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (20) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (20)バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (20)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2004-07-23
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



最愛の友 2005-10-01
農民から執拗な落ち武者狩りにあい心神耗弱していく中で
小次郎は虎の本能を勝ちえていきます。
小次郎編一部終結とでも言えるこの巻では最大の難敵
巨雲(こうん)と相対します。魔剣、豪剣と言われる
巨雲の剣は燃え盛る炎、対する小次郎は完全なる静寂
が生み出す巨大な波。
赤子にして海に投げ出され音を失ってしまったが、
そのことで純粋に剣のためだけに生まれたよう
な男に育った小次郎。巨雲の師匠が小次郎と立ち会った
際に口にした一言「そなたはすべての剣に愛される男だ」
天分の才を持つ男がギリギリの命のやりとりをして
最愛の友を得ますが、その強さゆえ、悲しい結末が待って
います。武蔵最大のライバル小次郎の激闘をご覧あれ・・・


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (21) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (21)バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (21)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2005-09-21
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



バガボンド 2006-11-26
 井上雄彦はスラムダンクで知っていたが。

吉川英冶の「宮本武蔵」を描くとはすばらしい。

あらためて、美しい絵師の技に魅了されて


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (22) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (22)バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (22)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2006-02-23
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



芸術の粋 2006-09-20
どこかでバガボンドはコマの一つ一つが一枚の絵のように芸術だとかありましたが

まことにその通りだと思います。

無駄なセリフなどはほとんど無く

絵だけで納得させてしまう、そんなマンガでありますね。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (23) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (23)バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (23)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2006-06-23
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



毎巻楽しませてもらっています 2006-10-10
 宮本武蔵の生涯を描く漫画と知り、購入を始めて早5年。毎巻欠かさず購入しています。

文章が多すぎず、しかし少な過ぎず。多くは語らない、絵をみて感じ取ることが必要な漫画です。

また、武蔵にかかわる登場人物の名言は、現在生きている僕の教訓ともなっている。これほど考え、勉強になる漫画がどこにあるかのか…。すばらしい漫画だと思います。

 


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (24) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (24)バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (24)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2006-10-23
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



伝七郎 2006-12-28
 高みに届かない者の悲哀を強く感じた一冊でした。



 天賦の才,努力,運,場所,出会い,経験,血筋,時代。吉岡伝七郎にはいったい何が足りないのでしょうか。物語においては,いろいろなキャラクターが出てきますが,たいていは,努力を怠るもしくは努力をする才能がないために,這い上がれない者が描かれます。本位田又八はその類でしょう。



 しかし,吉岡伝七郎は非常に努力を重ねています。才や経験,出会い等にもそれなりに恵まれています。しかし,その力が,絶対的に武蔵や兄清十郎に届きません。



 今までの話でも力の差が何度も描かれ,悲哀を感じていましたが,今回,24巻最終話の「コウキル」でその隔絶とした差を絶望的に,心に刻み込まれました。伝七郎という存在から何を読み取り,感じればいいのでしょうか?>井上雄彦さん


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド画集 墨 |井上 雄彦

バガボンド画集 墨バガボンド画集 墨
井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2006-10-23
価格:¥2,940(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



熱心なファン向けかも知れないが・・・ 2006-12-30
プロのマンガ原稿を見たことのある人なら、印刷された絵がいかに多くの情報を捨ててしまっているかよくご存じのことと思う。世間で特に「上手い」と言われてはいないマンガ家でさえ、原画はやはり常人離れしているものだ。

まして井上雄彦である。

この画集をさらっと眺めただけでも、安く販売するために捨てざるを得なかった情報が如何に多いかが想像できるのではないだろうか。



いつの日か、マニア向けの超高額本でもいいから、良い印刷で井上雄彦の作品が読める日が来ることを祈りたくなるような本だ。



逆に言うと、雑誌連載や単行本の印刷で満足できる人には無用の長物と言えるかも知れない。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド画集 WATER |井上 雄彦

バガボンド画集 WATERバガボンド画集 WATER
井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2006-10-23
価格:¥2,940(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



絵を生かすデザイン? 2006-12-10
もっと絵だけで魅せて欲しかった。

余計なデザインで枚数を増やすのではなく

井上先生の絵だけをひたすら載せて欲しかった。



魅せる、という意味では

氏の場合…絵だけで充分だと思います。



余計なデザインがイラスト集の質を下げていると感じました。



あとはスラムダンクのときのイラスト集も同様でしたが

完結してから出版して欲しいな、と。

これからのカラーイラストが掲載されないわけですから…。



「とりあえず売れるうちに売っておこう」という意図が強く

ファンを大切にする気持ちが足りていない気がしました。



売るためには仕方のないことかもしれませんが…。








さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

Switch (Vol.24No.12(2006Dec.)) |

Switch (Vol.24No.12(2006Dec.))Switch (Vol.24No.12(2006Dec.))

スイッチ・パブリッシング 刊
発売日 2006-11
価格:¥840(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



バガボンドの今後 2006-11-18
この特集の中で井上先生は「バガボンド」はあと二、三年ぐらいで終わるんじゃないかと言われています。そう言われてみれば、最近の連載を読んでいてもこのあとまだまだ続くといった感じは確かにしません。でもダラダラ長く続かれるより、そっちの方が確かにいいかもしれない。あと武蔵と小次郎は本当に巌流島で決闘をするのかとゆうのも気になります。井上先生の話を読んでいると巌流島の決闘に行くのか行かないのかまだ井上先生自身もまだ解らないといった状態ですね。でも自分は別に巌流島の決闘が有ろうが無かろうが別に構わないです。物語としてちゃんと完結すれば別に巌流島まで行く必要も無いんじゃないかとこの本を読んで思いました。「バガボンド」の今後の展開に注目しています。
オンネトーとゆう所について書かれている文章を読んで自分も行ってみたくなりました。あと井上先生の風景のスケッチを見れたので良かったです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

DRAW |

DRAWDRAW

フラワー 刊
発売日 2006-11-25
価格:¥4,850(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★



描く側の人向け 2007-01-03
漫画ファンと言うより描く側の人向けと考えてください。

しかも視点は井上さんの向かい側から見ています。

まさに漫画家の作業を前からのぞき込んでいる感じではありますが、

どうしても見にくいです。



もちろん、筆(ペンではない)運びが余すところ無く見られます。

しかし、アシスタントを全く使っていないかのような展開

チームで描く様子も見たかったです。



自分は買いましたが

高いのでよく考えて!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (9) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (9)バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (9)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2001-02
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



斬るなら斬れ。そのかわり、お前も道連れだ!! 2006-08-29
 最後の城太郎のこのセリフが好きです。まだ幼いながらさすが「鬼の子」と言われた武蔵の弟子だなと思いました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (10) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (10)バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (10)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2001-05
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



つ…ついに…!!! 2004-08-02
もう、目が釘付けになりました。武蔵と、柳生家の侍達のせりふ無しのやりとり。ここで武蔵とおつうの「何か」が繋がりました…!
やっぱり井上雄彦さんは天才ですね。(^_^)


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (11) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (11)バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (11)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2001-08
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



柳生石舟斎の言う伊勢殿とは 2006-05-07
この巻で柳生の凄さを思い知ります、武蔵だけではなく。

石舟斎の言った、我が剣は天地と一つがとても考えさせられます。

また、これを石舟斎に言った伊勢殿というのがどれほど凄い人なのか気になりますね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド 2002カレンダー |井上 雄彦

バガボンド 2002カレンダーバガボンド 2002カレンダー
井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2001-10-01
価格:¥1,995(税込)
オススメ度:★★★★



いいよ、これ。 2002-01-16
井上さんのイラストだから、もちろん
カレンダーというよりはポスター感覚。
めくるのももったいない。
井上さんの作品が好きな人は、まちがいなくシビレるし、
今からでも遅くないから、今年1年
このカレンダーで過ごすのもいいでしょう。
あ、あんまりカレンダー的な役目は果たさないかも。
だからポスター感覚。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (12) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (12)バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (12)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2001-11
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



鎖鎌の恐怖 2002-01-11
 鎖鎌の達人が登場するこの巻。鎖鎌という武器の特性をかつてここまでうまく表現できたものがあろうか?曲線的な動き、素早さ、そして遠心力の恐怖。これをじっくりと、それでいてスピードまで味わえるのは漫画の長所を理解しきった作者の力量によるものだろう。
 ああ、鎖鎌ッ!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

Switch (Vol.20No.3) |

Switch (Vol.20No.3)Switch (Vol.20No.3)

スイッチ・パブリッシング 刊
発売日 2002-02
価格:¥735(税込)



読んでおいて損なしです
井上 雄彦さん 凄いですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (13) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (13)バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (13)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2002-03-22
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



この世界、登場人物全てが主役 2005-09-20
 僕は個人的に今のところこの13巻が一番好きです。単純に辻風黄平こと二代目宍戸梅軒が好きだからというのもあるのですが、全ての巻にもいえますが特に、この巻と20巻の登場人物の存在感の凄さは圧倒的です。
 この作品に主役は必要ない。このバカボンドという世界に生きる全ての人間が主役なんだと、この13巻を読んで強く感じました。しかしだからといって武蔵の存在感は薄まるばかりか、どんどん強くなるばかり…もう井上 雄彦は天才としかいえません。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (14) |吉川 英治 /井上 雄彦

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (14)バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (14)
吉川 英治 /井上 雄彦
講談社 刊
発売日 2002-06-21
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



天才の軌跡 2002-07-04
今巻は武蔵の最強のライバルとして歴史に名を刻んだ「佐々木小次郎」の内容です。途中で又八が小次郎の名を語っていましたが、実際の小次郎は?と思っていた人も多いはず。待ちに待った小次郎編スタートです。
読み応えもバッチリで早く次の巻が読みたくなります。ただ、途中で出てきたあのごつい奴が小次郎だとは思いたくありません。しかしそうすると何故あの手紙をあの男が?と謎が深まるばかりです。とにかく買って損無しの作品。おススメなので読んでみてください。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。

天才バガボンド―バガボンドが天才である理由 |漆田 公一

天才バガボンド―バガボンドが天才である理由天才バガボンド―バガボンドが天才である理由
漆田 公一
日本文芸社 刊
発売日 2002-07
価格:¥998(税込)
オススメ度:★★★★★



著者の惚れように 2003-12-28
著者のバガボンドに対する掘れようを私は気に入った。
私は何を隠そう、バガボンドの大ファンである。大のひいきである。
この著書は、私の気持ちを代弁しているようで、”良い”。のである。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/13に作成しました。
リアル 井上雄彦(いのうえたけひこ)の作品紹介!スラムダンク-バガボンド-ピアスTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。