Buzzer beater (1) |井上 雄彦

Buzzer beater (1)Buzzer beater (1)
井上 雄彦
集英社 刊
発売日 1997-07
価格:¥840(税込)
オススメ度:★★★★★



そこまでは・・・、 2005-03-02
スラムダンクとかバカボンド、リアル、といった作品とはそもそも作者の気合の違いもあるだろうという作品。軽くかかれたものを軽く読み流しているうちに、読み終わってしまうだろうというような長さ。ただそれでも何かが心にうっすらと残るであろうというのは秀作&作者の天才ぶりをあらわすものであろう。とりあえずスラムダンクとかが好きなら読んでみては?というような作品。

「Buzzer Beater」は井上雄彦氏自身のオフィシャルホームページに連載された
スペースバスケットボール漫画です。
話の流れは大まかにいって、地球チーム入団テスト→合宿→小宇宙チームとの練習試合、
で完結のショート漫画、全四巻ですが、とてもよみごたえある内容で
しっかりと爆笑シーンとクスっと笑えるシーンが入っていてはじめてスラムダンクを読んだ時を思い出しました。
独特の迫力ある絵柄は説得力十分だし、
あいかわらずどのキャラも性格が出ててマンネリ化しない。素晴らしい漫画です。オフィシャルに掲載されているので、そちらをご覧になってから購入を検討されたらよいと思います。きっと手元に欲しくなる一冊だと思います。宇宙リーグ挑戦への試金石となる、エキジビジョンゲームに挑む事になった地球チーム?小宇宙リーグトップ、モス・スワローズ相手に格下扱いされるが、地獄の特訓を経た彼らの実力は本物で…
井上 雄彦 画像 井上 雄彦 画集
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/14に作成しました。

Buzzer beater (2) |井上 雄彦

Buzzer beater (2)Buzzer beater (2)
井上 雄彦
集英社 刊
発売日 1997-12
価格:¥840(税込)



「Buzzer Beater」は井上雄彦氏自身のオフィシャルホームページに連載された
スペースバスケットボール漫画です。
話の流れは大まかにいって、地球チーム入団テスト→合宿→小宇宙チームとの練習試合、
で完結のショート漫画、全四巻ですが、とてもよみごたえある内容で
しっかりと爆笑シーンとクスっと笑えるシーンが入っていてはじめてスラムダンクを読んだ時を思い出しました。
独特の迫力ある絵柄は説得力十分だし、
あいかわらずどのキャラも性格が出ててマンネリ化しない。素晴らしい漫画です。オフィシャルに掲載されているので、そちらをご覧になってから購入を検討されたらよいと思います。きっと手元に欲しくなる一冊だと思います。宇宙リーグ挑戦への試金石となる、エキジビジョンゲームに挑む事になった地球チーム?小宇宙リーグトップ、モス・スワローズ相手に格下扱いされるが、地獄の特訓を経た彼らの実力は本物で…
井上 雄彦 画像 井上 雄彦 画集
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/14に作成しました。

Buzzer beater (3) |井上 雄彦

Buzzer beater (3)Buzzer beater (3)
井上 雄彦
集英社 刊
発売日 1998-04
価格:¥840(税込)
オススメ度:★★★★★



第三巻 2003-07-17
「Buzzer Beater」は井上雄彦氏自身のオフィシャルホームページに連載されたスペースバスケットボール漫画です。話の流れは大まかにいって、地球チーム入団テスト→合宿→小宇宙チームとの練習試合、で完結のショート漫画、全四巻ですが、とてもよみごたえある内容でしっかりと爆笑シーンとクスっと笑えるシーンが入っていてはじめてスラムダンクを読んだ時を思い出しました。独特の迫力ある絵柄は説得力十分だし、あいかわらずどのキャラも性格が出ててマンネリ化しない。素晴らしい漫画です。オフィシャルに掲載されているので、そちらをご覧になってから購入を検討されたらよいと思います。きっと手元に欲しくなる一冊だと思います。宇宙リーグ挑戦への試金石となる、エキジビジョンゲームに挑む事になった地球チーム??小宇宙リーグトップ、モス・スワローズ相手に格下扱いされるが、地獄の特訓を経た彼らの実力は本物で…

「Buzzer Beater」は井上雄彦氏自身のオフィシャルホームページに連載された
スペースバスケットボール漫画です。
話の流れは大まかにいって、地球チーム入団テスト→合宿→小宇宙チームとの練習試合、
で完結のショート漫画、全四巻ですが、とてもよみごたえある内容で
しっかりと爆笑シーンとクスっと笑えるシーンが入っていてはじめてスラムダンクを読んだ時を思い出しました。
独特の迫力ある絵柄は説得力十分だし、
あいかわらずどのキャラも性格が出ててマンネリ化しない。素晴らしい漫画です。オフィシャルに掲載されているので、そちらをご覧になってから購入を検討されたらよいと思います。きっと手元に欲しくなる一冊だと思います。宇宙リーグ挑戦への試金石となる、エキジビジョンゲームに挑む事になった地球チーム?小宇宙リーグトップ、モス・スワローズ相手に格下扱いされるが、地獄の特訓を経た彼らの実力は本物で…
井上 雄彦 画像 井上 雄彦 画集
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/14に作成しました。

Buzzer beater (4) |井上 雄彦

Buzzer beater (4)Buzzer beater (4)
井上 雄彦
集英社 刊
発売日 1998-07
価格:¥840(税込)
オススメ度:★★★★★



井上雄彦の漫画でベスト 2004-12-19
 井上雄彦のSFバスケ漫画。
「スラムダンク」がもともと才能のある奴が才能を開花させていく物語だとしたら、「Buzzer beater」は、ハンディキャップがある人間が強者に挑む話だといえる。
「宇宙リーグには地球人は誰もいない」
「宇宙リーグのトップはいつもゴル星人だ」
「地球人はなんてノロマなんだ」
「Buzzer beater」の世界では地球人は圧倒的弱者であることがたえず語られる。
地球人<普通の宇宙人<ゴル星人という図式だ。
こんな世界観になったのは、作者が当時、米国にすんでいたことが影響していると思う。
当時は、まだイチローも松井もいなかったわけで、スポーツ界では日本人は観光しにきて金落としてくれる、くらいの認識だった。ようするにスポーツ選手としてウ*コだった。
作者は考えたと思う。
ウ*コが勝つにはどうすればいいか?
それはあきらめないことだ。
オレには「あきらめなければ宇宙リーグへもいけるのさ」というDTのセリフが作者の叫びに思えてならない。
この漫画のリアル主人公はDTなんじゃないか?
同じことを考えている人は他にもいないかな?
どうだろう?
そんなこともあって「Buzzer beater」は井上漫画の中で一番気に入っている。
一度よんでみたらどうだろう?

「Buzzer Beater」は井上雄彦氏自身のオフィシャルホームページに連載された
スペースバスケットボール漫画です。
話の流れは大まかにいって、地球チーム入団テスト→合宿→小宇宙チームとの練習試合、
で完結のショート漫画、全四巻ですが、とてもよみごたえある内容で
しっかりと爆笑シーンとクスっと笑えるシーンが入っていてはじめてスラムダンクを読んだ時を思い出しました。
独特の迫力ある絵柄は説得力十分だし、
あいかわらずどのキャラも性格が出ててマンネリ化しない。素晴らしい漫画です。オフィシャルに掲載されているので、そちらをご覧になってから購入を検討されたらよいと思います。きっと手元に欲しくなる一冊だと思います。宇宙リーグ挑戦への試金石となる、エキジビジョンゲームに挑む事になった地球チーム?小宇宙リーグトップ、モス・スワローズ相手に格下扱いされるが、地獄の特訓を経た彼らの実力は本物で…
井上 雄彦 画像 井上 雄彦 画集
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/14に作成しました。

BUZZER BEATER 2 (2) |井上 雄彦

BUZZER BEATER 2 (2)BUZZER BEATER 2 (2)
井上 雄彦
集英社 刊
発売日 2005-02-04
価格:¥1,590(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



さすが・・・!! 2006-05-02
「スラムダンク」、「バガボンド」、「リアル」でお馴染みの井上雄彦先生の

近未来バスケ漫画。

私は最近になってこの漫画の事を知りました。



「スラムダンク」が大好きだったので何気なく読んでみたんですが、さすがは

井上先生と言ったところでしょうか。とても面白いです。

まずはいつもの事ながら画力に驚かされます。バスケシーンをあんなにも

分かりやすく上手に描ける方なんていませんよ!

キャラも魅力的だし、設定も斬新的で、「スラムダンク」とは違った面白さが

あります。

井上先生にしては珍しく、ヒロインが活躍しているのも良いですね。



井上先生ファンの方、バスケが好きな方は読んで損はないと思います。

何度見ても最高です!!

「Buzzer Beater」は井上雄彦氏自身のオフィシャルホームページに連載された
スペースバスケットボール漫画です。
話の流れは大まかにいって、地球チーム入団テスト→合宿→小宇宙チームとの練習試合、
で完結のショート漫画、全四巻ですが、とてもよみごたえある内容で
しっかりと爆笑シーンとクスっと笑えるシーンが入っていてはじめてスラムダンクを読んだ時を思い出しました。
独特の迫力ある絵柄は説得力十分だし、
あいかわらずどのキャラも性格が出ててマンネリ化しない。素晴らしい漫画です。オフィシャルに掲載されているので、そちらをご覧になってから購入を検討されたらよいと思います。きっと手元に欲しくなる一冊だと思います。宇宙リーグ挑戦への試金石となる、エキジビジョンゲームに挑む事になった地球チーム?小宇宙リーグトップ、モス・スワローズ相手に格下扱いされるが、地獄の特訓を経た彼らの実力は本物で…
井上 雄彦 画像 井上 雄彦 画集
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/14に作成しました。

BUZZER BEATER 1 (1) |井上 雄彦

BUZZER BEATER 1 (1)BUZZER BEATER 1 (1)
井上 雄彦
集英社 刊
発売日 2005-02-04
価格:¥1,590(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



個性豊かなキャラクターが最高でした。 2006-07-04
さすがな井上さんのバスケ漫画でした。

どれも個性豊かで魅力的なキャラクターばかりで、

それも宇宙リーグという突拍子もない設定で面白かったです。

そしてやはり、随所随所に井上さんらしいギャグも満載で、

ストーリーが一層盛り上がった感じがしました。

全ページ、フルカラーでもありよかったです。



「Buzzer Beater」は井上雄彦氏自身のオフィシャルホームページに連載された
スペースバスケットボール漫画です。
話の流れは大まかにいって、地球チーム入団テスト→合宿→小宇宙チームとの練習試合、
で完結のショート漫画、全四巻ですが、とてもよみごたえある内容で
しっかりと爆笑シーンとクスっと笑えるシーンが入っていてはじめてスラムダンクを読んだ時を思い出しました。
独特の迫力ある絵柄は説得力十分だし、
あいかわらずどのキャラも性格が出ててマンネリ化しない。素晴らしい漫画です。オフィシャルに掲載されているので、そちらをご覧になってから購入を検討されたらよいと思います。きっと手元に欲しくなる一冊だと思います。宇宙リーグ挑戦への試金石となる、エキジビジョンゲームに挑む事になった地球チーム?小宇宙リーグトップ、モス・スワローズ相手に格下扱いされるが、地獄の特訓を経た彼らの実力は本物で…
井上 雄彦 画像 井上 雄彦 画集
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/14に作成しました。
リアル 井上雄彦(いのうえたけひこ)の作品紹介!スラムダンク-バガボンド-ピアスTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。